Webライターの始め方6ステップ|現役Webライターが徹底解説

webライターの始め方

「在宅でネットでできる仕事がしたい」

「文章を書いて副業ってできるのかな」

「Webライターをたってみたいけどどうやって始めればいいのかわからない…」

不安に思っているあなた、大丈夫です。Webライターは特別な資格やスキルがなくても、誰でも始めやすい仕事で、副業として始めるのもむいています。

今回はWebライター歴7年の私が、Webライターの始め方から稼げるようになるための秘訣まで徹底解説します。

この記事を読めば、Webライターのなり方から仕事内容やスキルアップ方法、収入の目安まで、すべて理解できます。

さらにWebライターの成功に必要な知識とスキルを身につけ、ライターの第一歩が踏み出せますよ。さあ、あなたもWebライターとして、自分の力で稼ぎませんか?

\ 文章力をつけてライターの実力アップ !/

目次

目次

Webライタ―とはどんな仕事? 

Webライターがどのような仕事をするのか、具体的な内容や向いている人についてご紹介します。

Webライターの仕事内容

Webライターは、オンライン上のすべての文章を書く職業です。

例として以下のようなものがあります。

  • ブログ記事
  • ニュース記事
  • SNSの文章
  • LPなど広告記事
  • 企業のホームページの記事
  • ECサイトの商品紹介ページ

クライアントは企業の場合と個人の場合があります。契約形態はクライアントによって異なり、案件ごとの業務委託、時給制など多様です。

Webライターの仕事は、ほとんどが自宅で完結でき、副業で業務委託から仕事を始めて、フリーランスのwebライターになる方もいます。

そのため、通勤時間や場所の制約がなく、自分のペースで働けるのです。

Webライターに向いている人

Webライターは、以下のような人に向いている仕事です。

  • 文章を書くのが好きな人
  • 情報収集が好きな人
  • 新しいことを学ぶことに意欲的な人
  • 納期を守る責任感がある人
  • 自宅での作業を集中してできる人

文章のルールを守って書ける人なら「文才」は無くてもOK。

好きってことが一番大事ですね

Webライターの始め方6ステップ

Webライターとしてのキャリアをスタートさせるために、以下の6つのステップを詳しく解説します。Webライターになりたいと思っている方に向けて、必要な準備や具体的な行動をご紹介します。

STEP
必要なものを準備する


Webライターの仕事に最低限必要なものは以下の通りです。
  • パソコン
  • インターネット環境

スマホでブログ記事を作成することもできますが、効率が悪いうえにパソコンでしかできない作業もあります。中古でもいいので、準備しましょう。

STEP
ブログを作る
ブログ

ブログはネット上にある文章として、ライターのポートフォリオになってくれます。クライントさんに提示し、文章力などを見てもらいましょう。書き続けることで文章力の向上に役立ちます。

STEP
クラウドソーシングサイトに登録する



クラウドソーシングサイトに登録し、自己紹介などを埋めておきましょう。

未経験者・初心者ライターはクラウドワークス・ランサーズから応募するのがお勧めです。

STEP
Webライティング案件に応募する

興味があってライティングできそうな案件を見つけたら応募しましょう。自己PRをしっかり記載し、応募文は3回以上確認します。

応募する
STEP
テストライティングを受ける

応募した案件のテストを受けます。初心者ライターは必ずテストがあるかと思います。文章ルールに従ってクライアントさんの期待する文章が書けることをアピールしましょう。

STEP
テストの合格後はクライアントさんと契約

テスト合格後、提示された契約内容に納得ができた場合は契約します。契約内容は納期やノルマ、著作権や原稿料などについてです。まれにテストが終わってからはじえみょりも低い条件が提示されることがあります。納得できた場合のみ契約しましょう。

Webライターが案件を獲得するコツ

Webライターとして仕事をするためには、まずは案件を獲得する必要があります。しかし、初心者の場合は、応募してもなかなか採用されないんですよね。そこで、Webライターが案件を獲得するコツを4つ紹介します。

初心者はwebライターの案件に応募しても落ちて当たり前と心得る

Webライターの仕事は、競争率が高いのが現実です。とくに初心者の場合は、実績やスキルが不足しているため、応募しても採用されないことがよくあります。

私も初心者の頃はなかなか受かりませんでした

しかし、受からないのは仕方のないこと。最初から完璧なライターはいませんし、経験を積むことで成長できます。だから、応募しても落ちて当たり前と心得て、めげずに挑戦し続けましょう。

受かるまで100件くらい応募する気持ちで。

どんなに落ちても、次のチャンスがあると信じて、自分の文章力を磨いていきましょう。

低単価のwebライティング案件から始める

初心者・未経験ライターは低単価案件(1文字0.5円程度のブログ記事作成)から応募するのも一つの手。未経験者が高単価(1文字2円以上)の案件に応募しても、なかなか採用されないからです。

低単価の案件は高単価案件ほどWebライターの実績重視ではないため、応募しやすいのです

また低単価の案件は、募集している量が多いので、たくさん執筆することで文章力やスピードを上げられます。低単価の案件で実績を積んで、自信をつけてから徐々に高単価の案件に挑戦していきましょう。

クライアントには要望以上のものを納品する

Webライターの仕事は、クライアントの要望に応えることが基本。しかし、それだけでは、他のライターと差別化できません。

クライアントに満足してもらうためには、要望以上のものを納品することが大切です。

私はライティングの師匠から「クライアントさんには10倍の価値を提供するつもりで仕事をせよ」と教わりました

たとえば、クライアントが求める文字数やキーワードをしっかりと盛り込むだけでなく、記事の構成や見出し、装飾などにも工夫をしましょう。また、クライアントの業界やターゲットに関する知識や情報を調べて、記事に反映させることも効果的です。

クライアントに要望以上のものを納品することで、信頼関係を築き、リピートや紹介を獲得する可能性が高まりますね。

積極的にコミュニケーションをとる

Webライターの仕事は、ネット上で行うことが多いので、コミュニケーションが不足しがちです。しかし、コミュニケーションは、案件を獲得するためにも重要な要素ですよね。

コミュニケーションをとることで、クライアントのニーズや意図を正確に把握できますし、自分の提案や質問を伝えられます。

また、コミュニケーションをとることで、クライアントとの距離感を縮められます。

もし自分が一緒に仕事をするならいい人が良いな、とおもいますよね。クライアントさんも同じだと思うんです

コミュニケーションをとるときは、返信は早めにする、敬語や丁寧語を使う、感謝や謝罪の言葉を添えるなど、マナーを守ることも忘れないようにしましょう。

未経験のWebライターが初めての案件を獲得するには?

未経験webライターの場合は、クラウドソーシングサイトではまったく採用されない事態もあります。ではどこから仕事を探せばいいのでしょうか? 未経験のWebライターが0⇢1を達成するための3つの方法を紹介します。

Webメディアに直接営業する

Webメディアへの直接営業は、自分が普段訪問しているサイトや書きたいジャンルやテーマのウェブサイトでライターを募集していないかを見て直接応募することです。

募集をしていなくても、問い合わせページから「ライターをやりたい」と応募することも可能。

Webメディアへの直接の応募は恥ずかしくありません。どんどん積極的に応募しましょう。
応募をしなければあなたの存在を知ってもらえないのです。

直接営業のメリットは、自分の興味や得意分野に沿った仕事ができることや、高単価の案件に出会える可能性があることです。しかし、デメリットは、未経験者は相手にされない危険性があることや、営業力や交渉力が必要なことです。

私もメディアに直接応募してライター案件を獲得したことがあります

Webメディアに直接営業する場合は、自分の実績やスキルをアピールできるポートフォリオやブログを用意しておくことが重要です。

求人情報サイトからWebライターバイトに応募する

インターネット上の求人サイトからWebライターの求人を探して、応募する方法もあります。

普通の求人への応募ですから未経験Webライターでも採用される可能性があります。

Webライター求人への応募のメリットは、仕事の種類や条件が豊富で、自分に合ったものを選べることや、応募のハードルが低いこと。しかし、デメリットは、低単価の案件が多いことや、クライアントの信頼性や評判が分かりにくいことです。

求人情報サイトから応募するときは、クライアントさんの評価や評判も確認しましょう

応募時に自己PRやサンプル記事を添付することが大切です。

知り合いから仕事を貰う

自分の友人や知人、SNSのフォロワーなどにWebライターとしての活動をアピールし、webライティング仕事の紹介や依頼を受ける方法あります。

紹介のメリットは、はじめから人柄に好感を持って依頼してくれているため、信頼できるクライアントと仕事ができることや、口コミや紹介で仕事が増える可能性があること。

しかし、デメリットは、仕事の量や質が安定しないことや、プライベートとビジネスの境界が曖昧になることです。

例えば報酬の支払いが送れた時など、知り合いだと催促しにくくなることがあります

知り合いから仕事を貰う場合は、仕事の内容や条件を明確にすることや、納期や報酬の支払い期限をきちんと確認することが必要です。

万が一仕事でトラブルになると、相手との人間関係も終わってしまうでしょう。

Webライターのスキルアップ法

読書をする

読書は、Webライターのスキルアップに欠かせない方法。読書をすることで、文章力や語彙力、知識や視野を広げられます。

読書をするときは、ただ読むだけでなく、内容や表現に注目して、自分なりに分析や感想を書き出すことも効果的。

私もライターとして読書はたくさんしたいので、電子書籍を購入しています。電子書籍は重い本を持ち歩かずに好きな時に読めるから便利ですね。

Webライティングの仕事を受注し続ける

ライティングの仕事を受注し続けることも、Webライターのスキルアップに有効な方法です。ライティングの仕事をすることで、実践的なスキルや経験を積めます。

また、納品した記事へのクライアントからのフィードバックや評価を参考にして、自分の強みや弱みを把握し、改善ができます。

ライティングの継続案件を持っていることで、自分の価値を高められるのです。

文章校正を受ける

文章校正を受けることも、Webライターのスキルアップに役立つ方法です。

文章校正を受けることで、自分の文章に潜む誤字や脱字、文法や表現の誤りを指摘してもらえます。

自分が書いた文章の誤りや矛盾は、なかなか自力では気づけないもの。なぜなら、自分の脳で最善だと考えて書いた文章だから。

校正で他人の視点が入って初めて気が付くことってあるんですよ

また文章校正では、文章の構成や流れ、論理性や説得力などについてもアドバイスをもらえます。文章校正を受けることで、自分の文章の問題点や改善点に気づけるのです。

文章校正ツールを使うのも効果的ですよ。

Webライター講座をうける

ユーキャンのwebライター講座

生涯学習のユーキャン

Webライター講座を受講することも、Webライターのスキルアップに効果的。

Webライターになりたいのに、クラウドソーシング・直接営業など何をやってもことごとく落ちてしまう場合、根本的な文章力に問題があるのかもしれません。

自分の文章に問題があるかどうかなんて、プロから添削してもらわないと分から煮ものですよね

Webライター講座を受けたり、スクールに入ることで、プロのライターや編集者から直接指導やアドバイスを受けられます。必要な知識を学び、課題の添削を受けて文章力を見直せるのです。

同期との交流があるスクールでは、同じ目標を持つ仲間と交流や切磋琢磨することも可能。

Webライター講座の受講、スクールに入ることで、Webライティングの基礎から応用までを学べるのです。

Webライターのメリット・デメリット

Webライターには、さまざまなメリットとデメリットがあります。Webライターのメリットとデメリットをそれぞれ3つずつ紹介します。

Webライターのメリット

好きな時に好きな場所で働ける

Webライターは、自分の好きな時間や場所で仕事ができます。コワーキングスペースや公園など自分のペースやライフスタイルに合わせて、柔軟に働けるんです。また、自分が書きたいジャンルやテーマを選べます。

収入の可能性が高い

Webライターは、自分のスキルや実績に応じて、収入アップも可能です。高単価の案件や長期契約の案件を獲得することで、安定した収入を得られます。また、自分で仕事を探すだけでなく、クライアントからの紹介やリピートも期待できます。

自分の才能や知識を発揮できる

Webライターは、自分の才能や知識を発揮して、コンテンツの作成ができます。自分の得意分野や興味のある分野に関する記事を書くことで、自分の価値を高められるのです。

また、新しい分野やトピックに挑戦することで、自分の視野や知識を広げることもできます。

Webライターのデメリット

競争が激しい

Webライターの仕事は、競争が激しい世界。とくに初心者や未経験者の場合は、仕事の獲得が難しい。他のライターと差別化できるスキルや実績を持つことが必要です。

収入が不安定:

Webライターの仕事は、仕事量が一定でないため、収入が不安定であるというデメリットもあります。仕事の量や質は、クライアントや市場の状況によって変動することがあるから。また、クライアントとのトラブルや支払いの遅延などのリスクもあります。

孤独感がある:

Webライターの仕事は、基本的に一人で行う作業。

誰とも話さない時間が多く、孤独感やストレスを感じることがあります。

また、納期が迫った時や案件を受けすぎた時などに、仕事とプライベートのバランスを保つことも難しいことがあります。

Webライターの需要・将来性は?

Webライターの需要や将来性は、どのようなものでしょうか? つぎに、Webライターの需要・将来性について簡単に紹介します。

Webライターの需要

Webライターの需要は、高いと言えます。インターネットの普及や発展に伴って、ウェブサイトやブログ、SNSなどのコンテンツが増えています。

ネットで買い物するなど、今では当たり前になっていますからね

ECサイト・ニュースサイト・SNSのコンテンツをつくるためには、Webライターのスキルや知識が必要。

また、コンテンツの質や量を向上させるためには、Webライターの専門性や経験が求められます。検索エンジン最適化(SEO)やマーケティングなどの観点からも、Webライターの役割は重要です。

Webライティングは、すべてのWeb上のビジネスでで不可欠なもの.

Webライターの需要は高まっているのです。

Webライターの将来性

Webライターの将来性は、明るいといえます。

「これからはショート動画の時代だ。文字など、時代とともに皆読まなくなる」といわれますが、動画の構成を考えたり、脚本を考えるのにも文章は必要です。

noteやインスタグラムの活用など、webk上で文章の需要はまだまだ続くと考えます

Webライターの仕事の幅や種類は、今後も広がっていくでしょう。Webライターは、自分のスキルや実績に応じて、収入やキャリアを伸ばせます。自分の興味や得意分野に沿って、専門性や独自性を高められます。

Webライターの仕事がなくなることがないため、将来性は明るいといえるでしょう。

Webライターの収入はどれくらい? 分野別報酬

Webライターには、さまざまな分野やジャンルがありますが、それぞれに収入や報酬は異なります。Webライターの代表的な4つの分野について、収入や報酬の相場を紹介します。

コンテンツライター

コンテンツライターとは、ウェブサイトやブログ、SNSなどのコンテンツを作成するライターのこと。

コンテンツライターの仕事は、幅広い分野やジャンルに対応できることが求められます。

webライターの案件のなかでも一番多い分野ですね

コンテンツライターの収入や報酬は、一般的には文字単価で決まるもの。

文字単価は、0.5円から3円程度が相場ですが、クライアントや案件の内容によって変動します。月収は、10万円から30万円程度が平均ですが、仕事の量や質によって変わります。

医療・不動産など専門ライター

医療・不動産など専門ライターとは、特定の分野や業界に関するコンテンツを作成するライターのことです。

専門ライターの仕事は、専門的な知識や情報を正確に伝えることが求められます。

経験上、資格保有者で一次情報があるライターは非常に喜ばれるな、と思います

専門ライターの収入や報酬は、文字単価・記事単価など多様ですが、一般的なコンテンツライターよりも高め。

記事単価での固定報酬は、1,000円から10,000円程度が相場ですが、クライアントや案件の内容によって変動します。月収は、20万円から50万円程度が平均ですが、案件によって変わります。

SEOライター

SEOライターとは、webサイトのSEO施策ができるWebライターのことであり、SEOとは、検索エンジン最適化のこと。

SEOライターの仕事は、キーワードやタイトル、メタデータなどを適切に設定し、検索エンジンのランキングを上げることが求められます。

SEOライターの収入や報酬は、一般的には文字単価で決定。文字単価は、1円から5円程度が相場ですが、クライアントや案件・作業内容によって変動します

月収は、15万円から40万円程度が平均ですが、仕事の量や質によって変わります。

webライターの始め方に関するQA歴7年のwebライターが回答

Webライターを始める時によくある質問に現役ライターが回答します。自分が悩んできた道でもあり、後輩ライターさんから設ける質問もありますよ。


Webライターの案件にいくら応募して儲からないのですが、何がいけないのかわかりません。

ライター案件になかなか受からない場合、以下のようなことが考えられます。

  • 応募文が曖昧で、自分のスキルや経験が伝わっていない
  • 応募文が長すぎて、読みにくい
  • 応募文に誤字脱字や文法ミスが多い
  • 応募先のメディアや案件の特徴に合わせたアピールができていない
  • 応募先のメディアや案件のレベルに自分のスキルが追いついていない

応募文を提出するときはミスがないか念入りにチェックします。

また、自分を雇うとメリットがありますよ、とアピールすることも忘れずに。そもそも、応募する案件が背伸びしすぎていないかも精査しましょう。

ポートフォリオを書いてくださいと言われても、記載できるような実績がないのですが……

Webライターの実績がない場合、以下のような方法で対処できます。

  • 自分のブログやSNSなどで書いた記事を実績として提出する
  • Webライターのスクールやライティング講座に参加して、添削された記事を実績として提出する
  • 実績が必要ない案件から始めて、徐々に実績を積み上げる
  • 実績を求められた場合、自分のスキルや経験をアピールして、テストライティングの機会をもらう

実績はライターとしての信頼や評価に影響する重要な要素です。実績がない場合は、自分で作る努力をしましょう。

たくさん応募するため、webライティング案件の応募文はコピペしています。問題ないでしょうか

応募文はコピペするのではなく、 応募先ごとにカスタマイズする のがおすすめです。

コピペすると、以下のようなデメリットがあります。

  • 応募先のメディアや案件の特徴に合わせたアピールができない
  • 応募先に対する熱意や興味が伝わらない
  • 応募先に同じ文面を送っている他のライターと差別化できない
  • 応募先に失礼な印象を与える

応募文は、応募先のメディアや案件の特徴をよく調べて、自分がどう貢献できるかを書くようにしましょう

。応募文はライターとしての文章力の見せどころです。コピペではなく、オリジナルの応募文を作成することで、採用される確率が高まります。

クラウドソーシングサイトに案件が多すぎてどこに応募すればいいのかわかりません

クラウドソーシングサイトには、さまざまなジャンルやレベルの案件があります。どこに応募すればいいか迷った場合、以下のような基準で絞り込むと良いでしょう。

  • 自分の得意分野や興味のある分野の案件を選ぶ
  • 自分のスキルや経験に合ったレベルの案件を選ぶ
  • 自分の希望する報酬や納期の案件を選ぶ
  • クライアントの評価や評判の良い案件を選ぶ
  • 応募者数や応募期限の少ない案件を選ぶ

クラウドソーシングサイトには、初心者でも応募しやすい案件が多数あります。自分に合った案件を見つけて、積極的に応募してみましょう。

webライターをやってみたいのですが、パソコンがないです。スマホでも始める方法はありますか?

パソコンがなくても、スマホでWebライターを始めることは可能です。スマホでできることは以下の通りです。

  • クラウドソーシングサイトに登録して、案件を探す
  • GoogleドキュメントやWordなどのアプリで記事を執筆する
  • メールやチャットでクライアントとやりとりする
  • ブログやSNSで自分の実績を発信する

しかし、スマホでWebライターをするには、以下のようなデメリットもあります。

  • 画面が小さくて見にくい
  • キーボードが打ちにくい
  • 文章の編集や修正が面倒になる
  • 画像選定・加工などパソコンでしかできない作業がある
  • パソコンに比べてセキュリティが低い

スマホでWebライターをする場合は、以上のデメリットを踏まえて、注意してください。Webライターを続ける予定でしたら、できるだけ早くパソコンを用意しましょう。

副業でWebライターをやってみたいのですが、無料で始められますか

Webライターを始めるために必要なものは、パソコンとインターネット環境だけです。これらがあれば、無料で始められます。ただし、以下のような場合は、有料のサービスやツールを利用することをおすすめします。

  • ライティングスキルを効率的に身につけたい場合は、スクールや講座を受ける
  • ポートフォリオ用のブログを作りたい場合は、ドメインやサーバーを契約する
  • ライティングの効率や品質を上げたい場合は、便利なツールやソフトを導入する

Webライターは、無料で始められる副業のひとつです。しかし、無料で始められるからといって、安易に考えないようにしましょう。ライティングはスキルや経験が報酬に直結する仕事です。自分のスキルを磨くために、必要な投資は惜しまないようにしましょう。

文章力に自信がありません。文才がなく、学生時代国語の成績が悪かったのですがライターになれますか

学生時代国語の成績が悪かったとしても、Webライターになれる可能性はあります。Webライターになるためには、以下のようなスキルや条件が必要です.

  • 文章を書くことが好きであること
  • 文章を書くことに自信があること
  • 文章の構成や表現、文法などの基本的なルールを理解していること
  • 読者のニーズやクライアントの要望に応えられる文章を書けること
  • 新しい知識や情報を素早くキャッチアップできること
  • 締め切りや報酬などの契約を守れること
  • コミュニケーション能力や営業力があること

これらのスキルや条件は、学生時代の国語の成績とは関係なく、努力や経験によって身につけられます。

Webライターになりたいという気持ちがあれば、挑戦する価値はあります。Webライターになるためには、継続的に学びや練習をすることが大切です。本を読んだり、ブログを書いたり、スクールや講座に参加したり、仕事を受注したりすることで、自分の文章力を高めていきましょう。

たのまな

まとめ

webライターの始め方は、クラウドソーシングサイトから応募する方法、ブログを作ってポートフォリオにし、メディアに直接営業する方法などがあります。ライターになるのに文才は不要ですが、文章の基礎力は備えておく必要があるでしょう。何度応募しても合格しない場合は、文章力に問題があるかもしれませんので、文章力講座やライティングスクールで学ぶのが近道かもしれません。

Webライターの仕事に必要なものが気になる方はこちら↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

看護師・Webライター。2016年よりwebライターとしての活動を開始。医療・健康記事を中心に年間平均100記事以上をライティング。企業との直接契約もあり。

校正校閲は電子書籍30冊・ブログ記事100記事以上。

大学病院附属看護学校を卒業後、小児外科病棟、整形外科病棟など看護師として20年以上勤務。その後派遣看護師に。看護の仕事は健診採血中心。

コメント

コメントする

目次