看護師から全く違う仕事であるWebライターに転職しました。Webライターの仕事術・看護師のことなどについて語るブログです。

【Webライターの必需品】21選!必要なものを歴7年が徹底解説

アンティークデスクとPC

これからWebライターを始めたいあなたは、

  • Webライターになりたいけど、始める前にいろいろ揃えなくちゃいけないのかな
  • 報酬も見込めないのに、必要なものを全部そろえるのはイタい出費だなあ…

と思っていませんか?

Webライターになるのに初めから高額な電化製品をそろえる必要はありません。家にあるパソコンでも始められるのです。

今回は、Webライターを始める時に最低限必要なもの、あると作業の効率化ができるものについてお伝えします。

Webライターの案件受注段階別に解説していますので、初めから全部揃えなくてOK!

現役Webライターが、実際に使って良かった便利グッズも紹介します。

本記事を読めばWebライターになるために必要なものが、仕事の受注段階別にわかります。今あなたが何をそろえるべきかわかりますよ。

この記事を書いたひと

看護師webライター歴6年。常時クライアント2~3社。医療記事・看護系記事年間平均100記事納品しています。

Amazon著書3冊、Webライティング能力検定1級。

カフェとコワーキングスペースが好き。

作業効率UPができるモニターアームはこちら

【Webライター初心者】が仕事開始前に準備すべきもの

Webライターの仕事を始める時に最低限必要なものは以下の通りです。

Webライター初心者に必要なもの
  • パソコン
  • プリンター
  • ネット環境
  • パソコンスタンド
  • ライティング勉強用のの本

パソコンはWebライターには必須

Webライターのパソコンに必要なスペック

ノートかデスクトップかノートパソコン推奨(持ち歩けるため)
CPUcorei5以上
メモリ8GB以上
サイズ13~15インチ推奨
その他Microsoft Officeソフトがインストールされているもの

スマホやタブレットじゃダメなの?

パソコンはあった方がいいですね……

なぜWebライターにパソコンは必須かというと、

  • スマホやタブレットでライティングをするのは作業効率が悪い
  • クライアントによっては「自分専用のパソコンを持っている人」が採用条件の場合もある。(家族との共用パソコンを使うライターの方が、情報漏洩のリスクが上昇するからだと思わ上昇する

もし新しくパソコンを購入する場合、Webライティングの仕事を受注するためでしたら高スペックで高額なパソコンでなくても大丈夫。

Webライティングができるパソコンは、5万くらいから販売しています。

すぐに高価なパソコンは買えないなという方は、

  • 家にもともとあるパソコンを使用
  • 中古パソコンを購入する

でもOK。

将来的にWebライターの仕事が増えた時にパソコンを買い換えてもいいのです

私はライターを始めた時は、家に合った7~8年ほど前に購入したパソコンを使用。看護師ライターとして継続案件で収入が安定してから自分専用のパソコンに買い換えました。

Webライター必需品の初期投資を抑えるため、パソコンを【中古パソコン店】で購入する方法もありです。Webライティングの仕事ができるパソコンは、2万円台からありますよ。

新規会員登録で10%オフクーポンプレゼント!

Webライター向けパソコンの選び方は以下の記事で紹介しています。

パソコンはWindows・MacどちらでもOK

初心者ライターさん

Webライター向けのパソコンは、Wndwsか、Macかどちらがいいの?

と後輩ライターさんにきかれますが、

Webライターの仕事をするうえではどちらのPCでも大丈夫です

私のWebライター仲間にきくと、

WindowsとMacを使っている方は両方いますが、若干Windowsが多い印象。しかし、どちらのパソコンでも皆さん問題なくライティングの仕事をしています。

Mac派のWebライターさんは

  • とにかくApple社の商品が好きだから
  • iPhoneにメモしたものが同期できて便利だから

話していました。

どこの会社のPCを使うかは好みで決めればOK。

私が使っているPCのレビューは以下のページです。良かったら参考に!

HPパソコン正面

パソコンスタンドでWebライターの肩こりを軽減

パソコンスタンド

ノートパソコンスタンドは、机の上に置いてその上にノートパソコンを置くことでに高さを出します。

ノートパソコンスタンドを使うメリットは机にじかにパソコンを置くよりも、高さを出すことで目線を上げられて首こり、肩こりの軽減が期待できることです。

わたしももともと肩こりでしたが、Webライターになってから悪化しました……

PCスタンドを使って姿勢を正し、負担を軽減しています。

また、キーボードの角度の調節ができるスタンドでは、自分のタイピングしやすい角度にキーボードを調整できるため、手首の疲れの軽減も期待できますよ。

ノートパソコンを机に置いただけですと、目線は低くライティングの時に背中が丸くなり肩こりの原因になりやすいのです。

私が使っているパソコンスタンドは机とスタンドの設置面積が大きくて安定感があり、手が当たってもぐらぐらしません。長く使うなら安定感は大事ですね。

看護師の副業としてWebライターを始めたころはスタンドの使用はしていなかったのですが、初めから使っておけば肩こりが減らせたかもと思います。

折りたたみのパソコンスタンドは、コワーキングスペースなどにもっていくのに便利。

ノートパソコンスタンドについては以下の記事でも紹介しています。

かわいいノートパソコンスタンドの紹介

プリンター

webライターが原稿をプリントアウトして確認している

プリンターは、

  • ライティングした文字をプリントアウトして確認するとき
  • クライアントとの契約書など書類をプリントアウトするとき

使用します。

パソコンの画面上で見えなかったミスに、印刷されて初めて気が付くこともあるのです。

わたしも、電子書籍の原稿などはプリントアウトし、ミスがないかチェックをしました。

Webライティングの仕事で、すべての原稿を印刷するわけではありませんが、とくに間違いが許されない原稿は印刷して確認します。

コンビニに行けば印刷はできますが、夜中や早朝にふと印刷が必要になることってあるのですよ……

家にプリンタがあれば、あるものを使用すればOKですよ。

ネット環境はライターには重要

Webライターにとって自宅のネット速度は大事。仕事の効率、ライターの採用条件に関わるケースがあるからです。

作業している家の中のネットスピードが遅いとパソコンの表示スピードが落ちますから、リサーチにかかる時間も伸び、作業効率も落ちます。

また、クライアントによっては採用前の準備として「家のネット速度を測定し、数値を送ってください」という会社もあります。

一定以上の通信速度の環境が【webライターとしての採用条件】になるケースもあるのです。

ネット速度が遅いために仕事も遅くなり、Webライターとしての仕事獲得のチャンスも逃す…残念ですよね。自宅の回線は確認しておきましょう。

GMOとくとくBB【SoftBank Air】

は、安定したインターネット環境で快適な通信が可能です。

なお、カフェなど店舗のWi-Fiは暗号化されていないため、情報漏洩のリスクがあります。

お店などのWi-Fiを使用してのライティングはお勧めしません。

家でも外でも使えるWi-Fiを持つことがオススメです。

DTI WiMAX2+ 使い放題の超高速モバイルサービス

自宅以外のネット環境にも気を配る必要があります。

私の知っているクライアントさんは

カフェで仕事してま~す、と店内の様子と自分のパソコンをSNSにアップするWebライターさんは採用しない」と言っていました。

「自分は平気で安全性が不明のWifiを使います」と言ってるようなもの。

情報漏洩に対する危機意識が薄い、と感じるのだそうです……

Webライティングを勉強するための書籍

Webライターを始めようと思ったら、ライティング関連の書籍は読みましょう。

  • 出版社で働いていた
  • 編集経験がある

以外の方がWebライターを始めた場合は、ライティングの知識がなくて当然です。

私もライターを始めた当初、ライティング知識がうすくてクライアントさんから指摘されて知ったルールもありました……

未経験者は人に伝わりやすい文章を書くコツも知らないし、Web特有の文章の書き方も知らないことが多いもの。ライターの仕事をしたいなら知識を身に付けるしかない。

ライティングスクールにいきなり入るのもよいと思いますが、人から習うにしても基礎知識は身に付けておく必要があります。


また、何年たってもWebライターは一生勉強が必要だなあとも思うのです。

何から読んでいいいかわからないっ……て人にはひとまず

文章術のベストセラー100冊のポイントを1冊にまとめてみた」を読んでおくことをお勧めします!

Webライターの勉強にお勧めの本は以下の記事で紹介しています。

【Webライター初心者向け】ライティング勉強本10選|独学にもおすすめ

並ぶ本

Webライティング案件を受注し始めた時に必要なもの

Webライターを始めて、タスク案件や単発の案件を受注し始めた頃にあると便利なものを紹介します。作業量が増えた時に効率化を図れるグッズです。

  • デュアルモニター、アーム
  • トラックボールマウス
  • マウスパット

デュアルモニター

パソコンに接続し、2画面を同時に表示できるのがデュアルモニターです。パソコンを使用しているとき、通常は1画面しか開けできませんが、モニターがあることで観たい2画面を開けます。

Webライターがつかう場面では以下の場面があります

モニターを使う場面
  • モニターにリサーチした内容を映してPC画面でライティング
  • モニターに記事構成のマインドマップを映してpc画面でライティング
  • モニターでマニュアル動画を観ながら資料作成をする
  • モニターで講義を聴きながら実際に作業をする

右利きの人なら、左側にモニターを置き、右側にノートパソコンを開いて作業するイメージです。

いちいち資料を開いてライティングの画面に戻る……という工程がないため、作業時間が短縮されます。ライター仲間もほとんどがもっと早く購入しておけばよかったと言っている人が多いのです。机に奧面積がない場合はアームでモニターをとりつけましょう。

作業効率化が図れたら、空いた時間で募集案件をリサーチしたり、応募文を考えたりできます。1件でも仕事が取れた人はきっと2件目もとれる!webライターへの未来は明るいと思います。

効率化のためにモニターを装備しておきましょう!

トラックボールマウス

手の負担を軽減できるのがトラックボールマウス。

Webライターは、リサーチでもライティングでも作業時間が増えるほど指や腕の疲れがひどくなります。トラックボールマウスは、本体に搭載されたボールでマウスポインタを動かすため、指や前腕への負担が軽減できますよ。

ライティングコミュニティの雑談で「親指が痛いんだよね」といったWebライターに仲間が紹介していたことで知りました。

指の疲れが軽くなったと仲間内で評判です。これから案件を増やす予定のWebライターは、負担の少ないマウスを持っておくことをお勧めします。

マウスパッド

手首サポートのあるマウスパットを用意しておきましょう。

少しずつ受注する仕事が増え、作業時間が増えると手首が疲れていきます。

私も気が付くと手首をさすっていることがありました。疲れていたのですね。

手首部分に高さのあるマウスパットは、手首の圧迫や屈曲を防ぐため、手首の疲労を予防します。高さがあるだけでこんなに楽なんだな、と実感しますよ。

Webライターにとって手は商売道具。手をいたわることは、長期的に見れば作業の効率化につながります。

【継続案件を受注したwebライター】にオススメのもの



  • パソコン用デスク
  • パソコン用の椅子
  • マイク付きヘッドフォン
  • リングライト
  • ICレコーダー
  • PCフィルター

パソコン用デスク

パソコンデスクと椅子は継続案件を持ったら用意してもいいでしょう。

仕事道具を広げるパソコンデスクは、ライターにとって職場と同じ。

作業をするにはモニター・スケッチブック・辞書・タイマーなどさまざまなものを広げますから。

仕事を継続しているのだから、仕事用の机だって持っていいはずです! 集中するにはデスクが必要ですよ。

誰ですか。食卓やリビングをパソコンもってウロウロしている人は。

私は電動昇降デスクを使用していますが天板を低くすることはほとんどなく、立って作業をしています。

10年整形外科外来にいたナースの私としては、

ライティングで長時間座ることによる下肢の筋力低下が怖いんですよね。

デスクの紹介は以下の記事で紹介しています。

電動昇降デスク5選【webライターにオススメ】

看護師ライターが勧めるのは背もたれのない椅子

私がつかっているのは、背もたれがなく、腰を自由に動かせる椅子

座っているときでも腰まわりを動けせるので、足の付け根の血流やリンパの流れを妨げない感じがします。腰への負担が少なく、お尻も痛くなりません。

Webライター仲間には同じ姿勢で座り続け、お尻が痛くなった人、痔になりそうだという人もいます。同じ姿勢を続けるのは避けたいものですね……

マイク付きヘッドフォン

Webライターでもきちんとしたヘッドフォンは必要です。ライターがマイク付きヘッドフォンを使用するのは以下のような場面。

  • クライアントとのweb会議
  • Zoomミーティング
  • ライティング教室の講義視聴
  • Webライターの採用面接

定期的に打ち合わせをする企業は

ミーティングの時、マイク付きヘッドフォンを使用しているWebライターは信用できるなと思うそうです。マイクなしでの通話は、家族内でも個人情報流出の危険性があるから。

Zoomで会議をしていても家族への音漏れが気になりにくいなと実感しています。自分の声もよく拾ってくれますよ。

クライアントとのコミュニケーションツールとしても重要なのです。

リングライト

クライアントとの会議・面接・ライター仲間とのオンライン交流会で使用します。

長期的にお付き合いのあるクライアントやwebライター仲間ができたら、リングライトはあった方がいいですね。普通のライトとは映りが違います。

初心者ライターさん

ライトなんてWebライターに関係ないよね?

と思うかもしれませんが、クライアントワークをするならZoom面談は避けて通れません。

ライトがあるのとないのとでは大違い。

顔が明るく見えると、クライアントさんが受ける印象もきっと違います。

モニターに映る自分の顔を見ると、ライトがあるとパッと明るくなって全然違う!と感じます。

PCフィルター

パソコン画面ののぞき見防止フィルターは情報保護のために必要です。

Webライターが受ける案件は、クライアントからの依頼。サイトの記事内容や共有しているマニュアルあるなど、外部に漏れては困る情報を預かっているわけです。

というより、【外部に漏らさないこと】という契約を交わしているでしょう。

コワーキングスペースなどで作業をする場合、モニター画面を見られて情報を抜き取られるショルダーハッキングにあうリスクがあるんです。情報漏洩の中で最も多いのが実際に画面を見られて情報を抜き取られること。

預かった情報を安全に管理するために、外で作業をする時は「作業している人しか画面が見えない」ようなのぞき見防止フィルターを使用しましょう。

ICレコーダー

取材ライターになるならば、持っておいた方がいいのはレコーダー。

スマホにも音声録音アプリはありますが、取材先で通信状態が悪くてスマホが使えなかったらアウトです。

相手のいる取材の時間は二度と戻りませんから、レコーダーはあった方がいい。

取材ライターにならないと決めている方は使わないかもしれませんが、いつ必要になるかわかりません。

私も今のところ取材はしていないのですが、レコーダーは準備しています。いつ必要になるかわかりませんからね。

イーベストPC・家電館
¥8,228 (2023/09/15 20:39時点 | 楽天市場調べ)

ライティングの時にオススメなソフトは

Webライティングの時にあると便利なツール

Webライティングの時にあると便利なソフトは以下の通りです。無料で使えますよ。

  • 文章作成ソフト
  • KW選定ツール
  • KW選定ツール
  • 文章校正ツール
  • 画像加工ソフト・画像圧縮サイト

文章作成ソフト

ほとんどのクライアントの納品形式は、Googledocument(グーグルドキュメント)かWord(ワード)です。ごくたまにエクセルに直接書き込んでくださいという方がいるくらい。

ドキュメントであればクライアントにファイルを提出するときの形式、コメントの入れ方など使い方は確認しておきましょう。

KW選定ツール

記事作成に使用します。Web記事は読者の悩みを解決するためのもの。悩みを探すのにKWを知らないと先にすすめません。記事作成は、KWを知ることがすべてのスタートといってもいいくらいです。

わたしが使用しているのはキーワードプランナー・ラッコキーワード・rishirikonbu。いずれも無料で使えます。

コピペチェックツール

記事の納品前にコピペチェックツールは必須。ネット上に同じ記事が存在していたら価値の低いコンテンツと判断されます。記事作成後は最後に必ずコピペチェックをしましょう。

たまに、まったく参考にしていないサイトと表現が似ていると指摘され、驚くこともあります……

わたしは無料でチェックできる『CopyContentDetector』を使用しています。

文章校正ツール



Web記事作成後、推敲は欠かせません。誤字脱字は文章の信頼性を一気に下げます。

記事を書いたら毎回誰かに読んでもらうのが一番いい。しかし、毎回人になんて頼めませんよね。そこで、文章校正ツールを使用します。

わたしはWebライターになってすぐのころ、無料のツールを使用していました。が、現在は有料校正ツール『文賢』を契約。無料のツールと文賢では指摘するか箇所が異なります。

有料校正ツールは校正が丁寧ですよ。誤字脱字だけでなく、推敲、文章表現の指摘も可能です。文賢に校正してもらうだけでも勉強になりますね。

アドバイスでもっと読みやすい文章に!



私は同じ助詞の連続使用を指摘されてハッとします……

私が使っている有料の文章校正ツール「文賢」についての記事は以下の記事をご覧ください

文章校正ツール文賢をwebライターがレビュー|導入まで・料金・使った感想

ライティング以外であると便利なツール

様々なパソコンツール
  • Chatwok
  • Slack
  • Zoom

Chatwork、Slackはクライアントと連絡をとる時に必用なツールです。プロジェクトごとにグループでタスク管理や情報共有を行い、質問や納品連絡などもします。筆者はどちらも使用していますが、最近契約するクライアントはSlckの方が多い印象です。

Zoomはオンラインで会議やミーティングができるツール。クライアントとのミーティングのほか、ライティングコミュニティの講義視聴にも使えます。



Webライターの仕事効率化を図れるツールは以下の記事で

まとめ

Webライターを始めるにあたり、必用なものについてお伝えしました。Webライターにはパソコンやディスプレイなど必須アイテムはもちろん、あると仕事の効率化が図れるグッズ、パソコンに家れておくべきソフトがあります。

副業としてライタをするのが始めてで、初めから高額な新品グッズをそろえるのが難しい……という方は家にあるもの、中古のグッズを購入しても大丈夫です。持っているもの、準備できるもので仕事を始めて、徐々に仕事の報酬が増えたら必用なものを買い足していきましょう。

作業環境の関連記事はこちらをチェック!

HPパソコン正面
ビズコンフォート店内
かわいいノートパソコンスタンドの紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
島谷 柚希看護師ライター
看護師・Webライター。2016年よりwebライターとしての活動を開始。医療・健康記事を中心に年間平均100記事以上をライティング。企業との直接契約もあり。 校正校閲は電子書籍30冊・ブログ記事100記事以上。 大学病院附属看護学校を卒業後、小児外科病棟、整形外科病棟など看護師として20年以上勤務。その後派遣看護師に。看護の仕事は健診採血中心。